スポンサーリンク

20.玄関の造り~家族用と来客用~

おうちつくり
スポンサーリンク

我が家は玄関ドアを開けて正面に来客用の玄関、左側を家族用の玄関という形で分けて作りました。

妻チワ
妻チワ

左側にあるドアがガレージと繋がっています。


我が家の場合は作って大正解でしたし、お客様からも好評です。

普段は横着して来客用の玄関からそのまま上がることも多いですが
いざとなったときにすぐに片づけられますし、靴箱を置いていないのですっきり見えます

しかも、ベビーカーをたたまずそのままつっこめるのでお友達が来た時でもすぐに上がってもらえて便利です。

文字だけではわかりづらいと思いますので、こちらをどうぞ。


こちらは来客用側から撮った写真です。

このように、ドアから入って左側にスペースがあるので、ベビーカーはこのスペースにつっこんで置いておけます。

妻チワ
妻チワ

全然関係ないけど、このアーチ部分がお気に入りw
無料でしてもらえたよ~。

 

 

釣柴
釣柴

下のタイルもこだわってたね。
小さめが良くて、探してもらったんだよね!


このタイルは15cm角の3色貼りです。


ちなみに、目地は白と迷ったのですが

 

営業兼建築士のAさん
営業Aさん

白はまめに掃除しないとすぐに汚れますよ!
掃除もしづらいですしねぇ。。。


といわれ、ずぼら主婦代表の私はグレーにしましたw




こんな感じで、家族用の玄関と靴箱はドアで隠しています。

ちなみにドアは折戸です。


そして、このドアをあけると


こんな感じになっています。

写真は左右が見やすいよう、家族用玄関側のたたきから撮ったアングルです。

左側は靴やランドセル、習い事用品などを置けるスペースに。

右側は上部に枕棚をつけて、その下に服がかけられるようポールを一本入れました。

その下には収納を置いて普段用のカバンをいれています。


置いている収納はこんな感じのです↓

 


来客側は靴箱がない分、スペースが広がるので、我が家では下記のような小さなベンチ(スツール?)を置いています。


妻チワ
妻チワ

妊婦さんやお年寄りの方に好評です。

 
釣柴
釣柴

小さい子の靴を履かせる時も楽ちんだよね!

 

最後に、玄関ドアですが木製ドアにはせず、木製風の国産ドアにしました。


輸入住宅といえば木製ドアってイメージがあるかと思うんですけど、我が家の場合は屋内だけ木製ドア、屋外はYKKさんです。

 

営業兼建築士のAさん
営業Aさん

木製ドアはどうしてもひずみがでるんです。
日本は湿気がすごいので。
過去に1か月で開かなくなった方もいますし…

と言われて

釣柴
釣柴

えぇ!?さすがに
玄関があかんのはまずいよね!


というわけで国産メーカーで選びました。

でも、おしゃれなドアがいっぱいあるので妥協した感はないです。

我が家が選んだYKKさんはこちら


このように、我が家は全体的に大満足です。

どなたかの参考になれば幸いです 😉 

コメント

タイトルとURLをコピーしました