スポンサーリンク

8月13日 鯛ラバ釣行記

つりっこくらし
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、釣柴です。

毎年恒例行事であるお盆の鯛ラバ釣行。

仲間と3人で鳴門に行ってきました。


釣柴
釣柴

めちゃくちゃ暑かった~



今回は前情報からイワシパターンと思っていたのですが、潮変わりでイワシの気配が薄くなっていて釣果も下がり気味とのこと。

船長さんオススメの鯛ラバセッティングはオレンジの細カーリー1本。

ジグで爆釣と思ったのですが残念!!

ともあれ船を予約しているのでとりあえずやるしかない!



結果的には釣柴は鯛5枚、ハマチ1匹、ガシラ4匹、ワニゴチ1匹でした。




何だかんだで数は釣れましたがサイズが伸び悩みましたね。

釣り方がフィネスなのも要因かもしれません。

その代わり当たりは人一倍多かったと思います。

前半、仲間2人は苦戦!鯛が釣れない!

水深40m狙いのポイントでハマチが沸いており、船中はジグでハマチが沢山上がっていました。

釣柴達もジグで狙ってみたのですが、何故か釣柴だけ釣れないし、当りもないw


ジグの使い方が下手なんでしょうね・・・。


ただ底に落として巻いているだけなのですが・・・。


・・・釣れている人は確かしゃくっていましたね(爆)


そこでハマチの下でベイトのお零れを狙っているであろう?本来の目的、鯛狙いに変更☆

鯛ラバにフラッシュJカーリー2インチをチョン掛け♪



これが見事にハマりました!

釣果のほとんどがこの仕掛け♪



そしてさらに今回の釣行から愛機14カルカッタコンクエスト100のPE0.8号を0.6号へ巻き替え、導入。(リーダーは10lb)



これによりタングステンの45gでも底が取れるようになり、よりシルエットを小さくする事が出来ました。


この辺りも好釣果の要因かなと思います。


実際に0.8号を使っている仲間に聞くと、45gでは底が取れなかったそう。。。

0.6号だと青物が掛かった時に少々不安ですが、ハマチはなんとか上げれました。(船長さんの操船が上手いのもありますがw)

ぶりクラスだとかなり厳しいかもしれませんが、メジロぐらいまでなら時間を掛ければ十分上がるでしょう。


乗り合いの人を待たすので大変申し訳ないのですが。。。


PE0.8号を巻いたタックルも1セット用意していて結構使用したのですが、ほんとに釣れなかった。

釣ったタックルは全てPE0.6号の方。

今後鯛ラバのセッティングはPE0.6号がメインになりそうです。



今回の釣行で使用したタックルはこちら。

12ゲーム炎月 B610L-S × 14カルカッタコンクエスト100
ビンビンスティックVCM  70SUL × 炎月BB100PG(12オシアカルカッタ300HG)



ヒットルアー(鯛ラバの具)



次回の鯛ラバ釣行はいつになるかな?

9月からバス釣りに加え、エギングにも専念するので今年はもう納竿かもしれませんw

それではまた♪


 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました