スポンサーリンク

アフターのバスを狙うならこのワーム!!

つりっこくらし
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、釣柴です。

釣柴の通う野池でもゴールデンウィーク後はバスがアフター期に入っています。

そんなバスを狙うのにお勧めなワームがストレート系のワーム。

だいたいこれ投げたら一撃で釣れますねww

5月15日の釣行でもアフターのバスに対し、一撃で釣り上げました。




もちろんフィールドによっては違うところもあるかもしれませんが、だいたい効くと思います。

今回は釣柴お勧めの釣れるストレート系ワームをご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

フリックシェイク(ジャッカル)

まず最初に紹介するのが定番中の定番、ジャッカルさんのフリックシェイク。



もう説明不要かもしれませんねww

愛用されている方も多いと思います。

インスタ等でもハッシュタグで「フリックシェイクは餌」って言われてるぐらいですもんね。

釣れるワームだけあってラインアップもサイズ、カラー共に豊富です。

良く使われるサイズは3.8・4.8・5.8インチでしょうか。

2.8・6.8・9.8インチもあります。

釣柴は4.8インチを愛用、ノーシンカーやジグヘッドワッキーで使用しています。

フォール時のクネクネする動きが本当にヤバいですね。

よく釣らせてもらってるワームです。


釣柴
釣柴

お世話になってます!



欠点と言えばカラーによってはワームをごちゃ混ぜに入れるとカラーが他のワームに移ってしまう場合があるところでしょうか。

持ち運ぶ際は、パッケージそのままか仕切りのあるケース等で色分けした方がいいと思います。

カラーが似た色なら混ぜてもOKです。

因みに釣柴はフリックシェイクの赤色が三原虫に移ってピンク色になったことがありましたww

スリムヤマセンコー5インチ(ゲーリーヤマモト)

次に紹介するのはゲーリーヤマモトさんのスリムヤマセンコー5インチ(THIN SENKO)。



このワームもメチャクチャ釣れますね。

ちょっと前に名前がスリムセンコーに変わったのか釣柴の持っている分はTHIN SENKOと表記されています。

このワームもフリックシェイクと同じくらい釣れますね!

フリックシェイクよりもよく飛ぶので、釣柴は魚との距離に合わせて使い分けています。


釣柴
釣柴

ゲーリーマテリアルは本当に良く飛びますね♪



欠点はフリックシェイク同様、カラーが移る点とゲーリー素材な分、ボディが脆いところ・・・。

強いキャストを繰り返してる内にフックを刺している部分からボロボロになっていきます。

細目にチェックしておかないと、ここぞという時にワームだけがすっ飛んでいくこともありますww

でもボディが脆いということはフッキング率がいいの裏返し。

ワームチューブを付けてあげるとキャスト切れはだいぶ解消されますね。

スワンプクローラー(ZOOM)(reins)

このワームもストレートワームの王道。



先に紹介したフリックシェイクやスリムヤマセンコーより針持ちが良いので釣柴は主にスナッグレスネコリグで使用しています。

もちろんノーシンカーやジグヘッドワッキーでも大活躍してくれるワームです。

実績も十分で愛用者も多いと思います。

釣れるのはもちろんの事、スワンプクローラーのさらに特筆すべき点は1パックの入数の多さ。

価格は1000円もしないのに25本も入っています!!

普通8本~10本ぐらいです。


釣柴
釣柴

業務スーパー系ワームww



とにかくお財布に優しいワームなのです。

それでいてよく釣れるんだから言うことないですね。

さすがに25本もいらないという方は、中古釣具店でもよく見かけるのでそちらで探してみるのもありですね。

因みに釣柴は釣具店のセールで1パック500円で買いましたww

あと気になるカラーの色移りですが、今のところは大丈夫そうですが移りそうな感じは多少あります。

ドライブクローラー(OSP)

ごちゃ混ぜにワームを入れてもカラーが移らない系の代表格、OSPのドライブクローラー。


※釣柴の在庫が切れていた為、OSPのHPより拝借💦

OSPのワームは基本色移りしないので一度にいろんなカラーをひとつのパッケージに入れて持っていけるので本当に助かります。

ワームとしてはフリックシェイク同様クネクネとアクションしながらフォールしていくタイプ。

釣柴はノーシンカーワッキー・ジグヘッドワッキーでよく使用しています。

最後に

今回紹介した4つのワーム以外にも釣れるストレート系ワームは沢山あると思います。

とりあえず釣柴愛用のストレートワームを今回は紹介させて頂きました。

紹介したワームならアフター期のバスは確実に釣れる自信がありますねww

もちろんフィールドによって違いがあるとは思いますが、釣柴の通う東播野池群ならこれらのワームをバスの傍に落とせば確実に喰います。

なので落として喰わなければいないと判断しています。

毎年サイトなら確実に喰ってくれていますしね。

正直この時期のカラーは何でもいいと個人的には思っています。

でも何種類かは持っておいた方がいいと思います。気分転換にww

今回紹介した分はあくまで釣柴が実際に使用し、良く釣れたものを紹介しています。

そしてまだ未使用ですが釣柴期待のストレートワームも最後にちょこっとご紹介。

それがこれ!


ダイワとゲーリーヤマモトのコラボ商品でゲーリー素材を使用したネコストレート。

ノーシンカーで投げたらめちゃ釣れそうです。

スリムセンコーの代わりにと思い、ストック購入しました。

また釣れたらブログで報告しまーすww

それでは今日はこの辺で~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました