スポンサーリンク

SVブーストスプールってどうなの??

つりっこくらし
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、釣柴です。

題名の通り新型の21スティーズリミテッドや21ジリオンSVTWに新たに搭載されたSVブーストスプールなんですが、実際のところどうなんでしょう??

釣柴も当初は2段階のブレーキに興奮し、21ジリオンの購入を検討しましたが・・・。



なぜ躊躇しているかも含めて少し記事にしてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

SVブーストスプール

スプール重量

これはSLPワークスさんの各スプールの重量が載った表になります。



表一番下の旧SVスプール(1016SV G1)の重量が9gなのに対し、表一番上のSVブーストスプール(SV BOOST 1000)が11gと旧SVスプールより2gも重くなっています。

単純にスプール重量は軽いほど、レスポンス(立ち上がり)が良いと言われています。

2段階式になったのと引き換えにスプール本体の重量アップ・・・。

どうなんでしょうか?ってなるわけで今買い控えてます。

SVスプールとは?

そもそもSVスプールのSVとはストレスフリーバーサタイルの略でその名の通り、バックラッシュがほぼ皆無のめちゃくちゃ素晴らしいブレーキシステム(SV機構と呼ばれるもの)なのです。

釣柴がベイトリールをシマノ製品からダイワ製品に変えたのはこれに感動したからw

ダイワのベイトリールは基本マグネットブレーキ(シマノは遠心ブレーキ)を採用しているのですが、このブレーキの味付け(効き具合の調整)で各機構の呼び方を変えています。

例として、マグフォースZやマグフォースV等が他にあります。

SV機構はその中でもブレーキが一番強い部類になります。

じゃあブレーキ強すぎて飛ばないんじゃないの?って話なんですが、確かにブレーキが強いと飛びませんww

特にマグネットブレーキでも固定式はブレーキの利かせ具合にも依りますが飛ばない、後半の失速感は半端ないです。(13メタニウムのZPIマグネットチューンで体感済み)



しかしSVスプールにはその後半の失速感がほぼありません。

それはスプールの横に付いているオレンジの部品。



インダクトローターと呼ばれるこの部品がキャスト時に横にスライドしてサイドプレートのマグネットの磁界の中に入りブレーキを効かせ、一定時間後元に戻りブレーキを緩めてくれて失速を減らしてくれます。

これまでのSVスプールはこのスライドが一段階のみだったのですが、SVブーストスプールからは2段階になっており、より緻密なブレーキングを行うことが出来るようになりました。

この2段階式のおかげで従来のSVスプールより飛ぶようになったというのがメーカーのうたい文句です。

キャスティング飛距離

確かに構造上、SVブーストスプールは従来のSVスプールよりも飛ぶんだろうなとは思います。

ただ劇的に飛距離が上がるかと言われれば(?)な部分はあります。

各方面のインプレを見ていたのですが、某プロの方が「そこまで飛距離変わらないかなー」とおっしゃっていましたww

それはSVスプール自体が飛距離では無く、バックラッシュを無くすのを目的として設計されている為かなと思います。

この2段階式のブースト機構の恩恵を受けるのはもしかしたらSVスプールではなくHLCスプールとか、マグフォース系の方かもしれませんね。

とはいえSVスプールでも多少は伸びているとは思いますが、釣り場では体感出来るかどうかでしょうねww

ピッチング性能

打撃系においては、やはり普通は出来るだけスプールの重量(ラインの重量も含めて)軽い方が低弾道で伸びていいとは思います。

この点SVブーストは2g重いから不利!!となるんですが実際どうなんでしょう?

本来ならフィッシングショーでダイワの方に聞くのですが、今年はコロナの影響でオンライン開催の為聞くことが出来ない・・・。

ここからは釣柴の私的な考察ですが、そもそもピッチングやフリッピングでブレーキの必要が無い、スプールの立ち上がりをサミングで制御出来る上手な方はスプール重量は出来るだけ軽い方がいいのかな~とは思います。

この点でいけばやはり従来のSVスプールに分があるのでは?と思ってしまっています。

特に軽量なルアーやワームを使う時はピッチング・フリッピングに限らず、キャスティング時でもモロにスプールの重量が立ち上がりに影響出るのかなーと。

ただし推測になりますがピッチング時のブレーキの効かせ具合によっては2段階のブースト機構が2gのスプール重量増分を補う可能性もあります。

総括

キャスティング時においての絶対的な飛距離はブースト機構はプラスにしかならないと思います。

 

ただし軽量ルアーに関してはスプール重量アップから立ち上がりは悪くなるかも・・・?

ピッチングに関しても同様。

ただブレーキ2段階式のブースト機構が2g分を補う可能性もある為、結局のところ試してみないと何とも言えない(爆)

本来なら買って試せばいいのですが、現状16スティーズで十分満足出来ているので。

ボディの色もシルバーより黒が好きなのでww


もう少し情報集めてからブーストスプールの導入を検討してみようかと思います。

でもキャスティングに特化したスティーズA TW HLCはいいですね。

ブースト機構の恩恵しかないでしょww

長くなりましたが今日はこの辺で☆

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました